PoeditによるWordPressのテーマ「 Avada」の日本語化

WordPressのテーマ「Avada」で 多言語化プラグイン「WPML」の使用」でWordpressのテーマ「 Avada」を多言語化プラグイン「WPML」を使って英語のホームページを作成しました。今回は、Wordpressのテーマ「 Avada」でコード化されている英文のメッセージを、Windows上で、書き出しソフト「Poedit」(バージョン2.0.2)を用いて日本語にローカライズします。

ローカラライズに使用するpo、mo、potファイル

ローカラライズには次の3種類のファイルを使用します。書き出しソフト「Poedit」により日本語にローカライズできます。

  • .pot:poの元になるファイル(テキストファイル)
  • .po:potファイルに翻訳文を記入したファイル(テキストファイル)
  • .mo:poファイルをコンパイルしたバイナリファイル。WordPressが参照します

WordPressのテーマ「 Avada」のローカライズ

Avadaでは、フォルダ「・・・\wp-content\themes\Avada\languages」に「Avada.pot」「Avada.po」「Avada.mo」のファイルが作成されています。日本語のローカライズの手順を次に示します。

書き出しソフト「Poedit」をダウンロードします。ローカライズをWindows上で行うので「Poedit」からダウンロードします。
Poeditをインストールして起動すると、次の画面が表示されます。

Poedit00

「翻訳を編集」を選択し、「Avada.pot」を選択すると、次のような編集画面が表示されます。

Poedit01

編集画面の中央下に「翻訳プロジェクトを新規作成する」ボタンがを押して、翻訳の言語「日本語」を選択すると次のような編集画面が表示され。「ja.po」のファイルが作成されます。

Poedit02

翻訳するには、「ソーステキスト-英語」から翻訳するテキストをクリックすると、その下の欄「ソーステキスト:」にコピーされ、右側の欄「翻訳の提案」に翻訳案が表示されるので、希望する翻訳をクリックします。「Oops, This Page Could Not Be Found!」を翻訳した結果を次に示します。

Poedit03

メニューで「ファイル」→「MOにコンパイル」を選択して、「ja.po」ファイルからWordPressが参照する.moを作成します。ファイル名は「Avada-ja.mo」とします。作成したファイルをバイナリダンプすると、次のようになります。

ファイル名「Avada-ja.mo」は、日本語にローカライズしたとき、この名称固定になります。

 ADDRESS   00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 0A 0B 0C 0D 0E 0F   0123456789ABCDEF 
------------------------------------------------------------------------------
 00000000  DE 12 04 95 00 00 00 00 02 00 00 00 1C 00 00 00   ゙............... 
 00000010  2C 00 00 00 05 00 00 00 3C 00 00 00 00 00 00 00   ,.......<....... 
 00000020  50 00 00 00 23 00 00 00 51 00 00 00 78 01 00 00   P...#...Q...x... 
 00000030  75 00 00 00 4F 00 00 00 EE 01 00 00 01 00 00 00   u...O........... 
 00000040  02 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00   ................ 
 00000050  00 4F 6F 70 73 2C 20 54 68 69 73 20 50 61 67 65   .Oops, This Page 
 00000060  20 43 6F 75 6C 64 20 4E 6F 74 20 42 65 20 46 6F    Could Not Be Fo 
 00000070  75 6E 64 21 00 50 72 6F 6A 65 63 74 2D 49 64 2D   und!.Project-Id- 
 00000080  56 65 72 73 69 6F 6E 3A 20 41 76 61 64 61 20 34   Version: Avada 4 
 00000090  2E 30 2E 33 0A 52 65 70 6F 72 74 2D 4D 73 67 69   .0.3.Report-Msgi 
 000000A0  64 2D 42 75 67 73 2D 54 6F 3A 20 68 74 74 70 73   d-Bugs-To: https 
 000000B0  3A 2F 2F 77 6F 72 64 70 72 65 73 73 2E 6F 72 67   ://wordpress.org 
 000000C0  2F 73 75 70 70 6F 72 74 2F 74 68 65 6D 65 2F 73   /support/theme/s 
 000000D0  74 79 6C 65 0A 50 4F 54 2D 43 72 65 61 74 69 6F   tyle.POT-Creatio 
 000000E0  6E 2D 44 61 74 65 3A 20 32 30 31 37 2D 30 36 2D   n-Date: 2017-06- 
 000000F0  30 38 20 30 38 3A 32 30 2B 30 39 30 30 0A 4D 49   08 08:20+0900.MI 
 00000100  4D 45 2D 56 65 72 73 69 6F 6E 3A 20 31 2E 30 0A   ME-Version: 1.0. 
 00000110  43 6F 6E 74 65 6E 74 2D 54 79 70 65 3A 20 74 65   Content-Type: te 
 00000120  78 74 2F 70 6C 61 69 6E 3B 20 63 68 61 72 73 65   xt/plain; charse 
 00000130  74 3D 55 54 46 2D 38 0A 43 6F 6E 74 65 6E 74 2D   t=UTF-8.Content- 
 00000140  54 72 61 6E 73 66 65 72 2D 45 6E 63 6F 64 69 6E   Transfer-Encodin 
 00000150  67 3A 20 38 62 69 74 0A 50 4F 2D 52 65 76 69 73   g: 8bit.PO-Revis 
 00000160  69 6F 6E 2D 44 61 74 65 3A 20 32 30 31 37 2D 30   ion-Date: 2017-0 
 00000170  36 2D 30 38 20 31 33 3A 30 32 2B 30 39 30 30 0A   6-08 13:02+0900. 
 00000180  4C 61 6E 67 75 61 67 65 2D 54 65 61 6D 3A 20 0A   Language-Team: . 
 00000190  58 2D 47 65 6E 65 72 61 74 6F 72 3A 20 50 6F 65   X-Generator: Poe 
 000001A0  64 69 74 20 32 2E 30 2E 32 0A 4C 61 73 74 2D 54   dit 2.0.2.Last-T 
 000001B0  72 61 6E 73 6C 61 74 6F 72 3A 20 0A 50 6C 75 72   ranslator: .Plur 
 000001C0  61 6C 2D 46 6F 72 6D 73 3A 20 6E 70 6C 75 72 61   al-Forms: nplura 
 000001D0  6C 73 3D 31 3B 20 70 6C 75 72 61 6C 3D 30 3B 0A   ls=1; plural=0;. 
 000001E0  4C 61 6E 67 75 61 67 65 3A 20 6A 61 0A 00 E6 81   Language: ja..諱 
 000001F0  90 E3 82 8C E5 85 A5 E3 82 8A E3 81 BE E3 81 99   舌l蜈・繧翫∪縺吶
 00000200  E3 81 8C E3 80 81 E3 81 8A E6 8E A2 E3 81 97 E3    ′縲√♀謗「縺励 
 00000210  81 AE E3 83 9A E3 83 BC E3 82 B8 E3 81 AF E8 A6   ��繝壹��繧ク縺ッ隕 
 00000220  8B E3 81 A4 E3 81 8B E3 82 8A E3 81 BE E3 81 9B   九▽縺九j縺セ縺帙
 00000230  E3 82 93 E3 81 A7 E3 81 97 E3 81 9F 21 00          s縺ァ縺励◆!.   

英語テキストで表示していたメッセージが、次のように翻訳されて日本語で表示されます。ページが存在しに時のエラー表示ページを示します。

日本語が文字化けしたときは、「Avada-ja.mo」ファイルの文字コードがUTF-8になっているかを確認してください。また、同じフォルダに.moファイルがないことを確認してください。

Poedit04

「・・・\wp-content\themes\Avada\404.php」の次のコードで変換されます。

    ・・・
<?php
// Render the page titles
$subtitle = esc_html__( 'Oops, This Page Could Not Be Found!', 'Avada' );
echo Avada()->template->title_template( $subtitle );
?>