splitcontainerによるformの作成

splitcontainerを使用すると、コンテンツのサイズ変更や縮小をサポートする複雑な複数パネルレイアウトを実現できます。

splitcontainerによるformの作成
左記に示す画面を四分割したパネルレイアウトをご紹介します。それぞれのエリアには、ボタン類、TreeViewコントロール、ListViewコントロール、TextBoxコントロールを含むtabコントロールを配置します。実際のformを次に示します。なお、Visual studioは、Microsoft Visual C# 2010 Expressを使用しています。

全体

まず、各コントロールの基礎となるFormは、FormBorderStyleプロパティを用いてフォームのサイズを変更不可にします。

Formの固定

フォームのサイズを変更不可
サイズを可変にすると、拡大した場合に各部品のレイアウトが崩れるので、FormBorderStyleプロパティを用いてフォームのサイズを変更不可にします。プロパティウインドウから次のように行います。

SplitContainerコントロールによる画面の分割

SplitContainerボタンによるSplitContainerコントロールの配置
SplitContainerコントロールにより画面を分割するには、[SplitContainer]ボタンをクリックして、作成したFormにドラッグする。フォームいっぱいにSplitContainerコントロールが配置されます。

SplitContainerコントロールによる上下方向の分割

上下分割/左右分割の指定
右上のスマートタブ(右上の三角ボタン)をクリックして、表示されるメニューから[上下分割の方向]をクリックします。実行すると、メニューの表示が[左右分割の方向]に変わり、Pane内のSplitContainerコントロールが上下方向に分割されます(画像では、Formが既に上下方向に分割されているため、[左右分割の方向]になっています)

Panelを入れ子にする方法

右クリックによるPanelの選択
各Panel内にもう一度SplitContainerコントロールをドラッグして分割方向を指定すれば、同じようにPanelが分割できま、この操作を繰り返します。SplitContainerコントロールにより、Panelを入れ子にしていくと、希望するPanelの選択が難しくなります。右クリックすると選択できるPanelに一覧が表示され、操作がしやすくなります。

上段Panel – Button/TextBox

トップのPanelは、ボタンやテキストボックスを表示するために固定します。

Panelの固定
plitContainerコントロールで片方のパネルサイズを固定したい場合、コンテナのサイズを変更してもサイズ変更されないパネルを指定する「FixedPanel」を「Panel1」にし、分割線を固定するか移動できるようにするかを指定する「IsSplitterFixed」を「True」にします。
この後、トップのPanelに、ボタンやテキストボックスを表示するために、ツールボックスからボタンやテキストボックスをドラッグします。

中段左側Panel – TreeView

中段の左側のPanelに、TreeViewを表示するために、ツールボックスからTreeViewコントロールを中段の左側のPanelにドラッグします。TreeViewコントロールの右上のスマートタブをクリックし、表示されたダイアログから[親コンテナにドッキングする]をクリックします。PanelいっぱいにTreeViewが表示されます。
中段の左側のPanelにはファイルフォルダをtreeで表示することを想定してプログラムを作成しました。

C:\temp\に擬似的にディレクトリを作成し、その内容をTreeViewコントロールで表示させています。

private void TreeFolder()
{
    TreeNode rootNode = new TreeNode();
    TreeNode childNode3 = new TreeNode();

    //親ノードの作成
    rootNode.Text = "ルート";

    //子ノードの作成
    childNode3.Text = "子ノード3";

    //★★★親ノードをTreeViewに追加★★★
    treeView1.Nodes.Add(rootNode);

    //★★★子ノードを親ノードに追加★★★
    rootNode.Nodes.Add(childNode3);

    // フォルダ一覧を取得
    DirectoryInfo dirs = new DirectoryInfo(@"C:\temp\");
    try
    {
        foreach (DirectoryInfo dir in dirs.GetDirectories())
        {
            // フォルダを追加
            TreeNode nodeFolder = new TreeNode(dir.Name, 1, 2);
            childNode3.Nodes.Add(nodeFolder);

            // +ボックスを表示するためのダミー
            //nodeFolder.Nodes.Add("dummy");
        }
    }
    catch { }
    treeView1.ExpandAll();
}

中段右側Panel – ListView

同じように、中段の右側のPanelに、ListViewを表示するために、ツールボックスからListViewコントロールを中段の右側のPanelにドラッグします。ListViewコントロールの右上のスマートタブをクリックし、表示されたダイアログから[親コンテナにドッキングする]をクリックします。PanelいっぱいにListViewが表示されます。
tempディレクトリにダミーのファイルを置いてそのファイルの名称、サイズ、作成時刻を、ListViewコントロールで表示しています。
中段の右側のPanelにはファイル情報を表示することを想定して、その内容をListViewコントロールで表示させています。

// ListViewでファイル情報を表示する
private void ListFile()
{
    //ListViewコントロールの設定
    listView1.View = View.Details;

    //カラムの設定(3列)
    listView1.Columns.Add("ファイル名");
    listView1.Columns.Add("ファイルサイズ");
    listView1.Columns.Add("作成時刻");

    //リスト項目の設定
    DirectoryInfo dirs = new DirectoryInfo(@"C:\temp\");
    try
    {
        foreach (FileInfo fi in dirs.GetFiles())
        {
            //FileInfo fi = new FileInfo("test.dat");
            string[] row = { fi.Name, fi.Length.ToString(),fi.CreationTime.ToString() };
            listView1.Items.Add(new ListViewItem(row));
        }
    }
    catch { }
    listView1.AutoResizeColumns(ColumnHeaderAutoResizeStyle.HeaderSize);
}

下段Panel – TabControl

下段のPanelに、TabControlを表示します。

TabControlの表示
ツールボックスからTabControlを下段のPanelにドラッグします。TabControlのDockプロパティを開き、真ん中(全体)をクリックします。PanelいっぱいにTabControlが表示されます。また、タブの位置を下に設定するために、AlignmentプロパティをBottomに設定します。

TabPage1にテキストボックスを表示するために、ツールボックスからTextBoxコントロールを、TabPage1にドラッグします。スマートタブをクリックし[MultiLine]をオンにし、Dockプロパティを開き、真ん中(全体)をクリックします。PanelいっぱいにTabControlが表示されます。

これでformのレイアウトは作成しました。VisualStudioから実行すると、トップのパネルが固定され、中段と下段はドラッグすることにより表示エリアのサイズが変更できることを確認できます。

作成したsplitcontainerによるformの作成のVisual Studioのプロジェクトファイルをアップロードします。